スポンサーリンク

鈴木芽吹【駒大】出身高校駅伝の成績は?田澤廉の後輩は全日本から箱根へ!

こんにちは、舜です。

箱根駅伝2021に向けてかなりの注目を集めているスーパールーキーの選手たち。

そのうちの一人で、駒澤大学の鈴木芽吹(すずき めぶき)選手について注目の実力、コメントについて調べてみました。

そこで今回「鈴木芽吹【駒大】出身高校駅伝の成績は?田澤廉の後輩は全日本から箱根へ!」と題しまして、鈴木芽吹選手の出身、高校、駅伝の成績や、田澤廉選手の後輩として駒大での活躍、全日本大学駅伝から箱根駅伝に向けての実績について調べてみました。

スーパールーキーと呼ばれている所以について迫っていきたいと思います。

それでは早速本題に入りましょう。

鈴木芽吹【駒大】出身高校駅伝の成績は?

鈴木芽吹選手の出身は、静岡県の熱海市で中学は熱海市立泉中学校に通っていました。

鈴木芽吹選手の通っていた泉中学校には陸上部がなかったので、陸上は伊東市にある「伊東ジュニア陸上クラブ」に通いながら、地元開催の大会に出場していました。

ちなみに中学時代の鈴木芽吹選手の部活はソフトテニス部だそうです。

そして鈴木芽吹選手の出身高校は高校駅伝の強豪「佐久長聖高校」です

佐久長聖高校で鈴木芽吹選手は寮生活を送りながら、駅伝部の活動に集中します。

そこでの鈴木芽吹選手の活躍は記憶にも残るほど華々しいものでした。

それでは高校時代の鈴木芽吹選手の活躍をみていきましょう。

そのまえに中学時代の鈴木芽吹選手の活躍は?

2017年1月 全国都道府県対抗駅伝2区3km 8分43秒 8位(静岡県代表)

【佐久長聖高校での駅伝の成績】

高校1年

2017年10月 北信越地区高校駅伝6区5km 15分01秒 区間賞
2017年  9月 日本体育大学長距離競技会5000m 14分23秒77(18位)
2017年12月 全国高校駅伝6区5km 14分20秒 区間賞
2018年  3月 伊那駅伝3区7.2km 22分41秒 区間賞

高校2年

2018年  4月 日本体育大学長距離競技会5000m 14分27秒71(3位)
2018年12月 全国高校駅伝5区3km 8分44秒 4位
2019年  2月 日本選手権クロスカントリーU20 8km 23分59秒 5位
2019年  3月 西脇多可新人高校駅伝5区3km 8分46秒 区間賞

高校3年

2019年11月 長野県高校駅伝1区10km 29分33秒 区間賞
2019年11月 日本体育大学長距離競技会5000m 13分56秒64 2位 13分台!!
2019年11月 北信越地区高校駅伝4区8.0875km 24分08秒 区間賞
2019年12月 全国高校駅伝1区10km 28分59秒 7位

鈴木芽吹選手は全国高校駅伝に3年連続で出場しています!

高校1年生の時に佐久長聖高校が全国高校駅伝優勝!(2度目)
鈴木芽吹選手も区間賞!優勝に貢献。

区間賞の数が多いのは、鈴木芽吹選手は勝負強いって事ですよね!

 

鈴木芽吹選手のプロフィール

生年月日:2001年6月3日

年齢:19歳(2020年12月現在)

身長:174㎝

体重:57㎏

血液型:O型

出身中学:熱海市立泉中学校
出身高校:佐久長聖高校

5000mタイム:13分43秒07
10000mタイム: 28分23秒87

鈴木芽吹の大学時代

高校卒業後は駒澤大学に進学。
駒澤大学に入学してからの成績も見ていきましょう。
2020年  7月 ホクレンディスタンス網走大会5000m 13分43秒38 3位
2020年  9月 日本インカレ5000m 13分43秒07 3位
2020年11月 全日本大学駅伝3区11.9km 34分07秒00 5位
2020年11月 10000m記録挑戦会 28分23秒87 3位 自己ベスト
10000mでも自己ベスト、確実に進化を遂げる鈴木選手、箱根での好走に期待です。

田澤廉の後輩は全日本から箱根へ!

2020年11月に開催された全日本大学駅伝で鈴木芽吹選手は3区を走りました。

9位でたすきを受けた鈴木選手は、区間5位の34分7秒の力走で順位を1つ上げ、駒大の6年ぶりの優勝に貢献しました。

しかし内容については本人が納得していないようです。

「悔しい走り。前を追う場面で積極的にいけなかった。自信をなくした」

「区間賞を取りたいと思っていて、自信もあったけど区間5位。力不足だった」とコメント

期待のルーキーは「全日本では個人的には物足りない走りだったので、(箱根駅伝では)インパクトのある走りでチームに貢献したい。箱根で取り戻します!」と力を込めた。
引用元:11/23(月) 22:01配信デイリースポーツ『駒大ルーキー・鈴木芽吹が3位 “新世紀世代”に名乗り!箱根で「インパクトのある走りを」』

絶対エースの田澤廉選手を他の区間で生かしたい!?

往路優勝の鍵を握るのは、田沢だけではない。今年日本インカレの5000メートルで3位に入った期待の新人・鈴木芽吹(1年)は、希望区間にエース区間の2区と4区を掲げた。「駒沢のエースは田沢さんなので、普通に考えれば2区は田沢さん」としつつも、「今の駒沢は田沢さん頼みでは絶対勝てない。自分が2区を走って、田沢さんの圧倒的な力を他の区間で生かしたい」と力説。新戦力も“芽吹く”駒大が、箱根路を13年ぶりに沸かせにいく。
引用元:2020/12/15デイリー『駒大13年ぶり箱根Vへ期待の1年・鈴木芽吹が2区名乗り「田沢さん頼みでは勝てない」』

駒澤大学の大八木監督は往路で優勝するために1区から3区までの流れが一番大事だとコメントされています。

それを受けて、鈴木芽吹選手が箱根駅伝の希望区間に2区をあげています。

この事は先日の10000m記録挑戦会のタイムといい、箱根駅伝もファンとしては期待出来るのではないでしょうか。

まとめ

今年の大学1年生には鈴木芽吹選手の他にも、三浦龍司選手(順天堂大)吉居大和選手(中央大)らがいて、本当にレベルが高いです。

今回は、「鈴木芽吹【駒大】出身高校駅伝の成績は?田澤廉の後輩は全日本から箱根へ!」と題しまして、鈴木芽吹選手の出身、高校、駅伝の成績や、田澤廉選手の後輩として駒大での活躍、全日本大学駅伝から箱根駅伝に向けての実績について調べてみましたがいかがだったでしょうか。

鈴木芽吹選手には同年代の選手たちと切磋琢磨して、記録を伸ばしていってほしいですね!

今後、駒澤大学のエースとして活躍すること間違いなしの鈴木芽吹選手。

間違いなく、鈴木芽吹選手は今後も目が離せないアスリートです!

鈴木芽吹選手について何か新しい情報があればこちらで追記していきたいと思います!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました


▼こちらも合わせてどうぞ”]石原翔太郎【東海大】出身中学高校や身長は?駅伝記録・箱根も楽しみ [/box]

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です