スポンサーリンク

佐藤早也伽がかわいい!経歴や家族・彼氏は?クイーンズ駅伝結果・画像も

こんにちは、舜です!

いよいよ、2019年11月24日(日)に宮城で開催される女子駅伝日本一決定戦「クイーンズ駅伝2019」のスタートが近づいてきましたね。

全国から実業団チーム14チームが参加し熱き戦いが繰り広げられます!

今回は、積水化学女子陸上競技部に所属し「クイーンズ駅伝2019」に出走予定の佐藤早也伽(さとうさやか)選手について調べてみました。

佐藤早也伽選手は、毎年着実に実力をステップアップし実業団3年目となるこの2019年シーズンでは積水化学女子陸上競技部のエースに成長している選手です。

そこで「佐藤早也伽がかわいい!経歴や家族・彼氏は?クイーンズ駅伝結果・画像も」と題しまして、佐藤早也伽選手の経歴や家族・彼氏についてや、クイーンズ駅伝結果・かわいい画像も!まとめてみましたので、みなさんのご参考になればと思います!それではさっそく、本題へ入っていきましょう!

※2019年11月10日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な情報などを追記、その他の部分も修正して2019年11月27日に再度公開しました!

※2019年11月27日に再公開した記事ですが、リライト記事に必要な情報などを追記、その他の部分も修正して2020年1月13日に再度公開しました!

※2020年1月13日に再公開した記事ですが、リライト記事に必要な情報などを追記、その他の部分も修正して2020年3月10日に再度公開しました!

佐藤早也伽選手がかわいい!経歴は?

それでは、ランニングフォームが美しい!佐藤早也伽選手(さとうさやか)選手のプロフィールです。

名前 : 佐藤早也伽(さとうさやか)

生年月日 : 1994年5月27日(25歳)

出身 : 宮城県大崎市

身長 : 156㎝

体重 : 41kg(2018年クイーンズ駅伝のデータより)

高校 : 常盤木学園高校

大学 : 東洋大学

所属 : 積水化学工業

入社年 : 2017

種目 : 長距離

PROFILE

自己PR

今年度の目標 : マラソンに挑戦する

休日の過ごし方 : お買い物、かわいいカフェに行く

好きな食べ物 : オムライス、トマト、チョコレート、フルーツ

好きな芸能人 : 島崎遥香、中村里砂

出身地情報 : 宮城県大崎市

大崎市の鹿島台という地域は、自然豊かなところです。特産品は「デリシャスとまと」で、春と秋に開催される互市が有名です。

Myブーム : うさまる、アリス

MESSAGE

皆様へのメッセージ

自分らしくマイペースに、強くなるための努力をしていきたいと思います。

応援してくださる皆様に、1日でも早く良い報告ができるように頑張ります。

自己記録

1500m:4分27秒25

3000m:9分15秒96

5000m:15分27秒47

10000m:31分59秒64

ハーフ:1時間9分27秒

引用元:積水化学工業女子陸上競技部ウェブサイト 選手・スタッフ紹介

現在、佐藤早也伽選手は、25歳で実業団3年目でチームの中心選手です。

中長距離のレースを中心に活躍中です!!

佐藤早也伽選手は地元の大崎市立鹿島台中学校を卒業後、女子サッカーで有名な常盤木学園高校に進学しました。

宮城県における女子駅伝の世界では仙台育英高校が圧倒的な力で君臨しており、佐藤早也伽選手が全国の舞台で活躍する機会は残念ながらありませんでした。

それでも、高校時代は、インターハイの宮城予選での入賞を含めご活躍されていました。

ちなみにに駅伝は、2011年11月10日の第22回東北高等学校女子駅伝競走大会で1区(6km)を走り5位、タイムは19分49秒でした。

そして、1月に開催される全国都道府県対抗女子駅伝に出場。この時から、今年の大会までなんと9年連続で出場されています。スゴイてすね!

そして、高校卒業後は、東洋大学に進学。

東洋大学女子長距離部はまだ歴史が浅く佐藤早也伽選手が入学した2013年が創部から2年目でした。

チームとしても実績が欲しいところ、佐藤早也伽選手は1年生から全日本大学女子駅伝を走り、チームの中心選手として活躍しました。

1年次には、1区で区間17位
2年次には、1区で区間20位
3年次には、5区で区間11位

そして4年次にはチームとして8位入賞を果たし、佐藤早也伽選手もエース区間の5区を走り区間8位の成績でチームの入賞に大きく貢献しました。

また、東洋大学女子長距離部からも全国都道府県女子駅伝に参加を続けました。

2014年には1区6㎞を走り、区間20位
2015年には1区6㎞を走り、区間44位
2016年には1区6㎞を走り、区間22位
2017年には9区10㎞を走り、区間31位

東日本女子駅伝などにも出場し地元、宮城県にも大きく貢献しています。

個人では1年次(2013)に日本学生個人選手権5000mで5位入賞。

3年次(2015)には関東インカレ10000mで5位入賞を果たしています。

4年次(2016)には関東インカレ5000mで5位入賞、10000mでは3位入賞を果たしています。

そして東洋大学卒業後は実業団の積水化学工業に入社、積水化学工業女子陸上競技部に所属しています。

積水化学では入社1年目から大活躍です。

1年目からクイーンズ駅伝2017の2区を走り区間8位。
2年目はチームが前年のクイーンズ駅伝で入賞を果たせなかったため、予選会のプリンセス駅伝2018から出場しました。

1区を任された佐藤早也伽選手は区間賞の走りでチームに貢献し積水化学は3位で本選出場を決めました。

本番のクイーンズ駅伝2018でも1区を任されトップから11秒差の区間6位と好走を見せました。

2019年に入ると年々着実にステップアップしてきた実力が戦績で目立ち始めます!

2月の全日本実業団ハーフマラソンに出場し1時間9分27秒の好記録で優勝。

戦歴を見ると駅伝やハーフマラソンの戦績がいいのですが、トラックシーズンに入ると、こちらでも次々と自己ベストを更新!

3000m以上の中長距離種目の全てで自己ベストを塗り替えました。

そして、9月20日に行われた全日本実業団陸上女子10000mでは、日本人トップゴールで表彰されました!

佐藤早也伽選手は今年度の目標にマラソン挑戦を掲げています。

今年度中に佐藤早也伽選手のマラソン挑戦はあるのでしょうか。

佐藤早也伽選手はまだフルマラソンの経験がないようですが、今後の方向性は別として個人的には非常に楽しみです。

佐藤早也伽選手がオリンピックや世界陸上のマラソンを走っている姿をイメージすると期待できそうですね🎵

佐藤早也伽選手は、この消耗の激しい競技に取り組んでいるようにはとても感じないところが魅力的な選手です。

佐藤早也伽選手の最近の成績

2018.10/21プリンセス駅伝20181区(7.0km)1位区間賞
2018.11/25クイーンズ駅伝20181区(7.0km)6位 
2019.1/13都道府県女子駅伝9区(10.0km)7位 
2019.2/10全日本ハーフマラソンハーフ1位1時間9分27秒(自己新記録)
2019.4/6世田谷陸上競技会5000m2位15分51秒01
2019.4/21兵庫リレーカーニバル10000m3位31分59秒64 (自己新記録)
2019.5/4ゴールデンゲームズ5000m6位15分27秒47(自己新記録)
2019.5/19日本選手権10000m11位33分00秒83
2019.6/30日本選手権5000m5位15分30秒41
2019.7/17ホクレン北見大会3000m2位9分15秒96(自己新記録)
2019.7/22ホクレン網走大会5000m5位15分38秒50
2019.9/20全日本選手権10000m2位32分12秒89(日本人1位)
2019.9/22 5000m8位15分54秒42
2019.10/20プリンセス駅伝20193区(10.7km)3位34分56秒

 佐藤早也伽選手の家族・彼氏については?

それでは、今シーズン好調をキープしている、佐藤早也伽選手には彼氏はいるのでしょうか?

これだけかわいい女性ですから、やはり気になるのは彼氏の存在ということになります。

佐藤早也伽選手はtwitter等でよく画像もアップされていますが、どちらかと言うと、おひとりやチームメイトと一緒の画像が中心で、男性とのツーショットというのはほぼありません。まぁ当たり前ですが。

そういうことから、現在は彼氏がいるという情報は、今のところは明らかになっていません。

佐藤早也伽選手は表情がとてもかわいいので男性はもちろん、女性からも大人気なのではないでしょうか?

また佐藤早也伽選手のご家族についても調査してみましたが、こちらも今のところは詳細な情報が判明していません。

ただ、弟さんがいらっしゃって、佐藤早也伽選手と同様に陸上をされているようですが、詳細は分かりません。

今回のクイーンズ駅伝2019や年明けに開催される都道府県対抗駅伝大会で間違いなく注目される佐藤早也伽選手、きっと今後さらに人気が出てさらに詳しい情報も入ってくるのではないかと思います!

分かり次第追記していきますね!

佐藤早也伽選手のクイーンズ駅伝結果は?

11月24日に開催される「クイーンズ駅伝in宮城 第39回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」に出場する全22チームのエントリー選手が発表されました。

佐藤早也伽選手もエントリーされています。

佐藤早也伽選手のクイーンズ駅伝2019の結果が分かり次第、こちらで追記していきますね。

クイーンズ駅伝2019は積水化学女子陸上競技部は大健闘の末、惜しくも9位でした。

本当にお疲れ様でした。

佐藤早也伽選手は、今回3区のエース区間を走りました!!

各チームのエースが走る区間で、優勝したJP日本郵政グループは東京オリンピックのマラソン代表が決まっている 鈴木亜由子選手が走りました。

そして、佐藤早也伽選手は今回もう一人のオリンピック代表、 天満屋の前田穂南選手とマッチアップのレースでした。

後から追いついた前田穂南選手をそのまま引き連れ素晴しいタイムで順位を9位から3位まで押し上げました。

一度追いつかれた後は、ペースを上げて逆に前田穂南選手のペースメーカーのようにグイグイと前へ行く力強い走りでした。

区間賞はパナソニックの堀優花選手でしたが彼女のタイムとは20秒差でした。

ファンとしては今後のレースが、佐藤早也伽選手のレベルアップが非常に楽しみではないでしょうか。


ツイッターでも話題になっています!やはりあれは競り勝っていたんですね!!

佐藤早也伽選手のかわいい画像も調査!

「佐藤早也伽選手のかわいい画像は?」という事で、クイーンズ駅伝2019で大注目されること間違いなしの佐藤早也伽選手について、ネットで検索してみると「佐藤早也伽 かわいい」という言葉が出てきます。

これはみなさんが佐藤早也伽選手がかわいい!と気になっていることの表れですよね!

そこで、佐藤早也伽選手のかわいい画像も調査してみました!


プライベートですね!


素敵な笑顔!

まとめ

今回は「佐藤早也伽がかわいい!経歴や家族・彼氏は?クイーンズ駅伝結果・画像も」と題しまして、佐藤早也伽選手の経歴と家族や彼氏は?クイーンズ駅伝の結果とかわいい画像も調査!という事についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

今年のプリンセス駅伝2019では、佐藤早也伽選手の積水化学女子陸上競技部が見事に優勝を飾りました!

森智香子選手の笑顔のゴールも話題になりましたね。

チームワークも1番良さそうでした。

このまま、クイーンズ駅伝2019でも素晴らしい成績が期待出来そうですね!

クイーンズ駅伝2019まで佐藤早也伽選手のご活躍がこれから楽しみです!

佐藤早也伽選手の詳しい事が分かり次第、こちらで追記していきますね。

それでは今回はここまでとさせて頂きます、最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

追記:2020年1月12日全国都道府県対抗女子駅伝の結果

1位新谷 仁美 (東京陸協) 東京30’57”6人抜き!!
2位細田 あい (ダイハツ) 長野31’55″0’58” 
3位三宅 紗蘭 (天満屋) 岡山31’56″0’59” 
4位筒井 咲帆(ヤマダ電機) 群馬31’57″1’00” 
4位前田 穂南 (天満屋) 大阪31’57″1’00” 
6位佐藤 早也伽(積水化学) 宮城32’07″1’10” 


9区は前評判であがっていた通りの展開となり、ラスト盛り上がりましたね!

3位まで追い上げてきたのは、2020年1月6日からなんと同じチームメイトになった新谷仁美選手でした。

佐藤早也伽選手は新谷仁美選手の猛追を振り切り今回は2位を守るランニングでした。

ほんとうにお疲れ様でした。

新選手の加入でセキスイフェアリーズの2020年の躍進が非常に楽しみです。

オリンピック目指してがんばれ佐藤早也伽選手!

▼こちらの記事も合わせてどうぞ!

追記:名古屋ウィメンズマラソン2020 結果

佐藤早也伽選手おめでとうございます!!

素晴らしい記録ですね、雨の中我慢強い走りが最後まで継続されていました。

初のマラソンで苦しさよりも楽しかった気持ちが強いという事は体調がよかったんでしょうか!

新星出現だ。初マラソンだった佐藤早也伽(25)=積水化学=が2時間23分27秒で5位(日本人3位)に入り、新人賞を獲得。「最後はきつかったけど、楽しかったという気持ちが強い」と目尻を下げた。

中略

故郷への思いも快走を支えた。16歳で東日本大震災を経験。直後は宮城県大崎市の実家の電気や水道が止まり、1カ月近く1人で練習を続けた。3月11日の節目を前に「いつも地元の方たちが応援してくれるので、元気を与える走りをしたかった」と誓っていた。 引用:中日新聞WEB2020年3月8日 [名古屋ウィメンズマラソン]日本人3位は初マラソンの新星・佐藤早也伽 宮城出身、3.11の節目を前に「元気を与える走りをしたかった」

いつもいい意味で期待を裏切ってくれますね。

佐藤早也伽選手は前項で書いてますように、2011年の都道府県対抗女子駅伝から今年2020年の大会まで10年連続で出場されています!

そして2017年からは宮城県のアンカーとして走られています。

今回のご活躍で地元からの応援もますます盛り上がるんではないでしょうか。

レースはスタートが見れなくて途中からでしたが、テレビを付けた瞬間感動しました。

今回のレースでは佐藤早也伽選手を応援した人が多かったんじゃないでしょうか。

先頭集団!!

お正月もそうですけど、モクモクと練習されていた成果が現れましたね!

ゴールした時に少し悔しそうな感じがしましたが、前向きでまだまだやるぞって感じでイイですね。

オリンピックはだいぶ先になりましたが、国際レース、国内のチームレース、頑張ってください!

招待され過ぎて身体をこわさないで下さいね。

ファンにとっては楽しみですね。

佐藤早也伽選手、これからも、ますます目が離せません!!

▼こちらの記事も合わせてどうぞ!


2020年9月20日 全日本実業団陸上5000mで自己ベストを更新されました。

『15’16″52』です、すごいタイムが出ましたね。

いつもながら、ランニングフォームが綺麗です! NIKEのサングラスも似合ってます!

プリンセス駅伝2020では昨年同様3区を走られるのでしょうか?

期待してしまいますね。

 

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • 実業団加入以来から注目していましたがランニングホームも横揺れがかなり少なくなり無駄のないきれいなホームになり成績もどんどん全国レベルになってきましたね。何と言ってもテレビ映りに花のある選手なのでこれからも応援をしていきたいと思います。佐藤選手、目標に向かって頑張って下さい❗

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です