スポンサーリンク

小林成美かわいい画像・女子駅伝の経歴と身長は?富士山女子駅伝も区間賞!

こんにちは舜です。

2020年全日本大学女子駅伝の活躍でかなり注目を集めている名城大学2年の小林成美(こばやし なるみ)選手。

数多くの駅伝大会に参加して、成績も安定している小林成美選手を調べるのに今回は「小林成美かわいい画像・女子駅伝の経歴と身長は?富士山女子駅伝も区間賞!」と題しまして、小林成美選手のかわいい画像、駅伝の経歴と身長、富士山女子駅伝も区間賞⁉︎について調べてみました。

それでは、早速本題に入りましょう。

スポンサーリンク

小林成美選手のかわいい画像は?


名城の6選手!


富士山女子駅伝2019では6区でした


気持ちの入った表情ですね

すごい3ショットですね、将来性!!

2018年12月全国高校駅伝 


引用元:小諸市長 小泉俊博@komorojin·2017年12月24日長野東高校、準優勝おめでとう!!

小林成美選手の女子駅伝の経歴と身長は?

全国女子駅伝2021は残念ながら中止となりました

長野市立川中島中学校時代
2013年12月 全国中学駅伝2区2km 6分44秒 5位 
2014年12月 全国中学駅伝5区3km 10分21秒 2位 
2015年12月 全国中学駅伝1区3km 10分34秒 19位 
2016年01月 全国都道府県対抗女子駅伝 未出場

長野県長野東高等学校時代
高校1年
2016年10月 長野県高校駅伝女子 未出場
2016年12月 全国高校駅伝 未出場
2017年01月 全国都道府県対抗女子駅伝6区4.0875km 13分21秒 9位 
高校2年
2017年10月 長野県高校駅伝5区5km 16分42秒 区間賞 
2017年12月 全国高校駅伝 5区5km 16分02秒 3位 
2018年01月 全国都道府県対抗女子駅伝6区4.0875km 13分06秒 4位 
高校3年
2018年10月 長野県高校駅伝5区5km 16分26秒 区間賞 
2018年12月 全国高校駅伝 5区5km 15分43秒 4位 日本人トップ 
2019年01月 全国都道府県対抗女子駅伝4区4km 12分50秒 区間賞

名城大学時代
1回生
2019年10月 全日本大学女子駅伝1区6.6km 21分55秒 9位  
2019年12月 富士山女子駅伝6区6km 19分40秒 区間賞  
2020年01月 全国都道府県対抗女子駅伝4区4km 13分05秒 3位 
2回生
2020年10月 全日本大学女子駅伝3区6.6km 21分37秒 区間新記録 
2020年12月 富士山女子駅伝 エントリー


小林成美選手の身長は調べてみましたが現在情報はありませんでした。 

しかしチームメイトの加世田梨花選手の身長は148cmと掲載されていました。

そこでこの写真です、加世田梨花選手と長濱夕海香選手と3人で仲良く写っています。

この写真での身長差を考えると加世田選手が148cmなので小林成美選手はちょうど160cm位ではないでしょうか。

また、ご本人の情報があれば記載しますね。

富士山女子駅伝も区間賞!

全日本大学女子駅伝が25日、仙台市内(6区間、38・1キロ)であり、名城大が2時間2分57秒の大会新で史上3校目の4連覇(優勝は5度目)を達成した。2区の山本有真(2年)で先頭に立つと、3区の小林成美(2年)が区間新の快走で独走態勢に。最長9・2キロの5区でもエースの加世田梨花(4年)が区間新を記録し、後続を大きく突き放した。

優勝の立役者となった小林は「昨年は1年生で不安だったが、今年は後輩に気持ち良く走ってもらおうと時間を稼ぐことを考えた」と笑顔で語った。

引用元: 中日スポーツ『名城大が4連覇 3区の小林成美の快走で独走 5区でもエース加世田梨花が区間新【全日本大学女子駅伝】』10/25(日) 15:21配信

大会新記録で4連覇を達成した名城大の小林成美選手は、レース後のインタビューで昨年は1年生で不安だったと語っていました。
そこで昨年の富士山女子駅伝2019の記事を調べてみると、下記のような記事がありました。

6区 小林 成美
外国語学部国際英語学科1年    全日本大学駅伝での悔しさをバネに練習を積み重ねてきた。今回はチームを助ける側となってタスキを渡すことを考えた。苦しい場面もあったが1秒でも早くタスキをつなぐために前に進み続けた。応援ありがとうございました。

引用元:https://www.meijo-u.ac.jp/news/ 『女子駅伝部が富士山女子駅伝を連覇 2019年の「二大駅伝優勝」を達成』

記事にある全日本大学駅伝での悔しさとは、小林成美選手は1区を走りましたがその時に中央大学の五島莉乃選手の独走にペースを狂わされ、結果として大差をつけられた事についてと思われます。

だから富士山女子駅伝2019に向けてその悔しさをバネに練習を積み重ねてきたと…。

結果は富士山女子駅伝2019で6区を走り区間賞!

さらに今年の全日本大学駅伝2020では、冒頭の記事の通り5区を走り区間新記録でした。

小林成美選手は自分自身が昨年1年生で不安だったから今年は後輩を思い、そしてチームを助けようと考えて走っています。

そんな小林選手なので今年の富士山女子駅伝2020では、どんな走りを何区で見せてくれるのか楽しみですね。

富士山女子駅伝も区間賞でまちがいないですね。

まとめ

今回は、「小林成美かわいい画像・女子駅伝の経歴と身長は?富士山女子駅伝も区間賞!」と題しまして、名城大学女子駅伝部の小林成美選手のかわいい画像、小林成美選手の駅伝の経歴と身長、富士山女子駅伝も区間賞!について調べてきましたが、いかがだったでしょうか?

小林成美選手の経歴を調べてみると改めて小林選手の安定した走りと結果に驚きます。

駅伝大会への参加回数の多さも小林成美選手の安定感に起因するところだと考えられます。

現在の小林成美選手はご存知の通り12月4日の日本陸上選手権女子10000mは欠場されて12月30日の2020富士山女子駅伝に向けて調整中です。

体調万全で出場決定とはまだ言えませんが本当に頑張ってほしいですね、応援します!!

これからも練習を積み重ね目標であるハーフマラソンで結果を残し、ユニバーシアード大会の切符を手に入れ海外の大会で活躍する姿を見てみたいですね!

2021年3月14日に日本学生ハーフマラソン選手権大会兼 第31回ユニバーシアード競技大会(2021/成都)日本代表選手選考競技会が開催されます。

小林成美選手はこの大会で優勝、ユニバーシアード日本代表に選ばれ海外の大会に参加できるといいですね!

 間違いなく、小林成美選手は今後も目が離せないアスリートです!

名城大学女子駅伝部の小林成美選手について何か新しい情報があればこちらで追記していきたいと思います!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です