スポンサーリンク

古橋亨梧のインスタで髪型チェック!中央大学出身で移籍もスピード・アップ?

こんにちは、舜です。

7月4日からJリーグ再開が決まりましたね!!

特に、中断前にうまく滑り出したチームや選手にとっては好調が維持出来たのかファンとしても心配なところです。

ヴィッセル神戸の古橋亨梧(ふるはし きょうご)選手は今季、J1開幕節まで公式戦4試合全てでゴールを奪う最高の滑り出しでした。

特に、2月23日の横浜FC戦後半29分のゴールが印象的でした。

古橋亨梧選手の動き出しに反応した、サンペール選手からの絶妙なスルーパスで、コンビの呼吸が合った素晴しいゴールでしたね!

古橋亨梧選手は今季の目標として「得点王&アシスト王」の両取りを掲げています。

「得点王を目指したいですし、アシストも1位を目指したい。チームとしてアジアNO1、Jリーグでもタイトルを取るために働ければ」

昨シーズンは、自己最多の10得点8アシストを記録しましたがご本人は満足はしていません。

古橋亨梧選手には、シーズン中もしくは終了後の移籍でリーガへの挑戦という夢があるそうです。

年齢も25歳、あせりもあるかもしれません。

是非かなえてほしいですね。

さて、今回は「古橋亨梧のインスタで髪型チェック!中央大学出身で移籍もスピード・アップ」と題しまして、ネットでも人気のある古橋亨梧選手の髪型や中央大学時代の活躍そして今シーズン中の移籍?について調べてみました。

みなさんのご参考になればと思います。

それでは、さっそく本題へ入っていきましょう!

古橋亨梧選手のインスタで髪型チェック!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

古橋亨梧/Kyogo Furuhashi(@kyogo_furuhashi)がシェアした投稿

古橋亨梧選手の髪型ですが、
プロの選手らしく派手さもあり、でも清潔感もあっていい髪型ですね。

インスタで古橋亨梧選手の画像を見てますが、インスタ開設された時には既にこの髪型でしたね。

大学時代の髪型

岐阜時代の髪型

ヴィッセル神戸に加入時の髪型

トレードマークのこの髪型の評価はどうなんでしょう。

古橋選手の韓流風マッシュスタイルが大人気!

清潔感あるし、服装も選ばない、汎用性の高いヘアースタイルです。(ただし、カラーリングなしが基本)

サイドはツーブロックなしでも可。

大学生からのオーダーがなぜか多い。

引用元:真似したいサッカー選手の髪型ランキングベスト11【2019】を公開

https://soccer-baka.jp/archives/11454/2#2

シンプルでプレー中に動きがあって、かっこいい髪型ですよね。

特に、古橋亨梧選手のターンからのプレーで髪がなびくのがいいです。

古橋亨梧選手の髪型は、2位でした!
ちなみに、1位は伊藤純也選手(ヘンク)だぞうです、確かにかっこいい。

大学生を中心にまねる人が多いそうです。

古橋亨梧選手は中央大学出身!

「プロを意識し出したのは、高校2年とか3年ぐらいで。高3の時に僕らの代から初めて2人プロに行って、僕は行けなかったのでずっと追い付いてやるという気持ちもありました」

古橋亨梧選手は、2013年興国高校卒業後、大学サッカーの名門中央大学へ進学しました。

ちなみにJリーグ川崎フロンターレの中村憲剛選手も中央大学出身です。
(中央大学時代はキャプテンとして活躍されていました)

古橋亨梧選手は中央大学入学の初年度から関東大学サッカーリーグ戦に出場。

デビューは2013年5月6日のリーグ戦第6節VS筑波大学戦で、なんとゴールも挙げています。凄い!

古橋亨梧選手はこの年ブレイク、1年生ながら全日本大学選抜にも選出されました。

関東選抜にはこの後3年連続で選ばれています。

参考になりますが、この年2013年関東大学リーグで優勝したのは、専修大学で仲川輝人選手(横浜Fマリノス)が活躍していました。(古橋亨梧選手の2学年上になります)

中央大学のGKはシュミットダニエル選手(シントトロイデン:ベルギー)4年生がゴールを守っていました。(古橋亨梧選手の3学年上の先輩になります)

(シュミットダニエル選手はこの年、ベガルタ仙台に内定しています)

古橋亨梧選手の成績

2013年(1年生)5得点1アシスト・全日本大学選抜選出(11月)
2014年(2年生)4得点1アシスト・関東選抜A選出(2月)
2015年(3年生)3得点3アシスト・関東選抜B選出(1月)
2016年(4年生)6得点3アシスト(2部)・関東選抜A選出(3月)
2016年JリーグFC岐阜に内定(12月)

2017年(FC岐阜) 42試合6得点
2018年(FC岐阜→ヴィッセル神戸) 26試合11得点→13試合5得点
2019年(ヴィッセル神戸) 31試合10得点

J1の舞台でも活躍を遂げて、昨年11月には日本代表へ初招集された。

順風満帆に見える大学時代ですが、古橋亨梧選手はケガのため中央大学3年生の時はリーグ戦の半分も出場できませんでした。

大学初年度で最高のスタートを切った古橋亨梧選手でしたが、その後にチームは低迷。古橋の3年時に中大は2部降格、4年時でも昇格を逃してしまい、当時中大で行われたプロ入団内定会見のときにも「最終的に見たらチームに何も残すことができず、苦しい4年間だった」(古橋)と大学生活を回想していた。
引用元:ゲキサカ2019年11月19日 18:03 サッカー日本代表 代表初招集のFW古橋亨梧、出身の中央大・佐藤監督が当時を回想「どこでもやれる」

4年生の時は2部リーグで厳しい戦いが続く中「プロ入り活動」を続ける古橋亨梧選手。

しかし、チームは4年時も昇格を逃してしまうのです。

逆境の中、古橋亨梧選手は諦めずにJリーグのクラブチームへの練習参加を継続していました。

するとFC岐阜の大木武監督から声がかかり、入団が内定します。

FC岐阜に加入した古橋亨梧選手はリーグ戦全42試合でスタメン出場を果たしました。

その後の活躍はご存知の通りです。

翌年の2018年夏にはヴィッセル神戸に加入。

2018シーズンは半年間で13試合5得点を記録しました。

この苦しい時期を乗り越えた、古橋亨梧選手の原動力になった、お母様の一言と、
今のストイックに日々を重ねる古橋亨梧選手の姿が重なりました。

『4年生で関東2部でプレーしているようでは、もはやプロも絶望的だな』と思っていました」

実際、4年生になってもJクラブから声がかかることはなかった。大学の監督の計らいもあって湘南ベルマーレ、松本山雅FC、モンテディオ山形、水戸ホーリーホックなど幾つかのJ2クラブに練習参加をしてみたものの、獲得に繋がるような輝きは見せられず、刻一刻と卒業が近づいてくる。そのプレッシャーや行き先が決まらない不安もあってだろう。Jクラブへの練習参加の度に「ホテルに戻って吐いていた」と苦笑いを浮かべる。
「そんな状態だから、もう諦めようかなって思って、親にもそう伝えたんです。自分のプレーも出せないし、プレッシャーやストレスばかりが大きくなっていく状態だったから。そしたらあっさり『やめたいなら、やめればいいよ』と。でもそのあとにボソっと『ま、今までやってきた努力は無駄になるけどね』と言われたんです。その言葉を聞いて『後悔しないように、最後までやれることは全部やってから答えを出そう』と思い直し、Jクラブへの練習参加を続けていたら、最後の最後でFC岐阜にオファーをいただくことができました」

「結構心に刺さりましたね。何やってんねんやろ、って思った。ここまでお金とか出してくれて、大学も行かせてもらって好きにサッカーをやらしてもらっていたので。逆に気持ちを強く持たせてくれた」

 そしてJ2のFC岐阜から声がかかった。決してエリート街道と言えるものではなかったが、挫折を繰り返すなかでつかみ取ったプロへの挑戦権。「正直やっと決まったという気持ちと、ここでスタートさせてもらえるから、覚悟を持って上までいかないとな、という気持ちだった」。

引用元: 2019.12.20 Vol.8 ヴィッセル神戸/MF古橋亨梧 「REIBOLA(レイボーラ)」

古橋亨梧選手の移籍もスピード・アップ?

『今季のJ1リーグでは昨年同様に2桁得点、具体的には15得点が目標です。8だったアシストも2桁を目指す。自信はあります。昨年初めて日本代表に呼ばれたが、まずはリーグ戦で目に見える結果を残すこと。代表にも呼ばれたいけど、とにかく僕は今、神戸のために汗をかきたい。

神戸で結果を残した上で夢はある。バルセロナ移籍です。あそこでプレーしてみたい。いきなり行けるとは思っていない。まずは海外のチームで活躍して初めていける場所だと思う。今オフにバルセロナの街を訪れたが、僕が行った海外は4度ともすべてバルセロナ。年齢的なタイミングもある。既に語学の勉強も始めています。

イニエスタからアドバイスをもらうことはある。内容は秘密にさせてください。ただ、意識しているのはゴール前での仕掛け。海外のハイライトを見ても、横にフリーの選手がいても自分でシュート打つ。決めれば誰も文句は言わない。僕も覚悟は決めています。みなさんと1つでも喜びを分かち合いたいと思います。(神戸FW)』

引用元:神戸古橋の夢「バルセロナ移籍」既に準備/1冠手記
[2020年2月9日5時0分] 日刊スポーツ

これだけ明確に目標を挙げて取り組んでいる古橋亨梧選手です。

今シーズン中の移籍は、間違いないのではないでしょうか。

古橋亨梧選手の移籍の話題が挙がったのは、2019シーズンの途中でした。

恐らく、まだ勿体無いという事でオファーを断ったのではないかと思います。

しかし今年は終盤によい話がくるのではと期待しています!

オランダ1部フローニンゲンと同1部AZアルクマールから獲得に向けた正式オファーを提示されていた神戸のFW古橋亨梧(24)が、今夏は残留することが27日、分かった。関係者によると、全力で慰留に努めるクラブ側と本人サイドで話し合いを重ね、オファーを断る見通しになったという。
 昨年8月にJ2岐阜から加入した快速FWは、神戸でも定位置を確保。今季はここまで8得点をマークし、欠かせない戦力となっている。「移籍してからステップアップするよりも、神戸からビッグクラブに行ってほしい」と希望を口にした三浦淳宏スポーツダイレクターは「今年、代表に入ることを期待しています」とも話した。
 A代表への思いは本人も強く、まずは神戸から日の丸の舞台を目指していくことになる。

引用元:神戸FW古橋 今夏は残留 オランダ1部オファーを断る見通し [ 2019年8月28日 05:00 ]スポニチ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

古橋亨梧/Kyogo Furuhashi(@kyogo_furuhashi)がシェアした投稿

まとめ

今回は、「古橋亨梧のインスタで髪型チェック!中央大学出身で移籍もスピード・アップ?」と題しまして、ネットでも人気のある古橋亨梧選手の髪型や中央大学時代の活躍そして今シーズン中の移籍?について調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

古橋亨梧選手は今後の目標について「個人タイトル、得点&アシストでJ1記録を更新し、2年後の2024カタールワールドカップに出る」とインタビューに答えています。

東京オリンピックも楽しみですが、まずは今年ヴィッセル神戸にタイトルをもたらすことができるのかに注目したいですね!

古橋亨梧選手は間違いなく今後も目が離せないアスリートです!

古橋亨梧選手について何か新しい情報があればこちらで追記していきたいと思います!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

▼こちらも合わせてどうぞ!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です