スポンサーリンク

鈴木健吾10000m東京オリンピック候補!現在までのマラソンや駅伝の成績は?

こんにちは舜です

東京オリンピック開催に向けてと駅伝シーズン真っ只中、陸上競技大会も盛り上がってまいりました。

今年に入って実業団の中でも絶好調のチームがあります。

富士通陸上競技部です。

所属している選手も現在進行系で大活躍中の選手ばかりです。

最近も男子20キロ競歩で東京五輪代表の高橋英輝選手が千葉県印西市で開かれた記録会の10000m競歩で37分25秒21の日本新記録を出しました。
非公認ながら世界記録も超えていたようです。

そんな富士通陸上競技部で長距離の選手をご紹介します。

MGCに参加していた鈴木健吾(すずき けんご)選手です。

今回は「鈴木健吾10000m東京オリンピック候補!現在までのマラソンや駅伝の成績は?」と題しまして富士通陸上競技部の鈴木健吾選手が東京オリンピック10000m候補であること、現在までのマラソンや駅伝の成績について調べてみます、それでは早速本題にいってみましょう。

鈴木健吾選手は10000m東京オリンピック候補!

神大陸上競技部

富士通のホームページを確認すると鈴木健吾選手は12月4日に開催される日本陸上選手権10000mにエントリーされています。

最近の競技会でもたて続けに自己ベストを更新しています。

もともとはマラソンで東京オリンピック出場を目ざしていましたが今回10000mでの参加を目指しています。

10000m代表候補には、ホンダの設楽悠太選手、伊藤達彦選手旭化成の相澤晃選手、昨年の日本選手権覇者の住友電工の田村和希選手と錚々たるメンバーです。

ほかに駒大の田澤廉選手、そして富士通のチームメイト浦野雄平選手がいます。

鈴木健吾選手の最近の競技会の成績

全日本実業団で10000m自己ベスト更新!!

27分49秒16

これは富士通記録にもなるそうです。

ホクレンに続き27分台、

おめでとうございます!!

これでライバルたちに差をつけ、東京オリンピック10000mの候補にまた一歩近づきました。

ホクレン千歳大会では、九州電工コエチ選手をペースメーカーにラップを刻み好記録に結びつけました。

7/18 ホクレン千歳大会10000m

3着 27分57秒84PB

「前回切れなかった目標タイムを切れたこと、2戦とも好成績を残せたことは収穫。今後の駅伝や日本選手権で活躍できるよう、ケガなく、トレーニングに励みたい。」
ありがとうございました。

そして今回の全日本で素晴らしい成績をあげました。

ホクレンでご一緒されていた九電工のコエチ選手はこの27分02秒39が今季世界2位の記録で自己ベスト・大会新記録の2位でした。(ちなみに1位は日立物流のキムニャン選手で27分01秒42は今季世界最高タイムでした)

他の候補選手の最近の記録としては旭化成の相澤晃選手が宮崎県長距離記録会・男子10000mに出場し、27分55秒76の自己新で実業団デビュー戦を飾りました。

相澤選手は昨年度、三大駅伝ですべて区間新記録を樹立するなど、学生長距離のエースとして活躍していましたが今季序盤は怪我で試合から離れていました。

この記録で12月4日の日本選手権の参加標準記録を突破しました。

なお、同組2着は東洋大学の後輩である西山和弥選手が28分03秒94の自己新で続き、こちらも日本選手権の参加標準記録を突破しました。

トヨタ10月9日中部実業団陸上選手権
6着 西山 雄介 27分56秒78 PB

10000m日本ランキング上位の旭化成勢から、村山紘太、謙太選手、鎧坂哲哉選手、そして大六野秀畝選手のエントリーも気になるところですね。

楽しみです。

鈴木健吾選手の現在までのマラソンや駅伝の成績は?

マラソンに関しては前述のMGCや琵琶湖マラソン、記憶に新しいところです。

本人の目標はパリオリンピックのマラソン代表なので今回の10000mへのチャレンジも有意義なことではないでしょうか。

鈴木健吾選手のマラソン成績

東京マラソン2018
2018年2月25日
19位 2時間10分21秒(初マラソンの記録!)

ハンブルクマラソン2019
2019年4月28日
13位 2時間11分36秒

マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)
2019年9月15日
7位 2時間12分44秒

びわ湖毎日マラソン大会
2020年3月8日
12位 2時間10分37秒

マラソンでの東京オリンピック出場は無理でしたが今後、世界を狙っていける選手を目指して頑張ってほしいです。

鈴木健吾選手の駅伝成績

163センチと小柄な鈴木健吾選手は怪我も多いそうです。

でも理由は練習のし過ぎのようです。

大学時代は駅伝を中心に大活躍でした。

四国愛媛県の宇和島東高校卒業後は神奈川大学に進学しました。

そしてなんと1回生から箱根駅伝のメンバー入りを果たしました。

しかし1回生の時は6区を走り区間19位でした。

それでも2回生では全日本大学駅伝で 1区を走り区間8位の好成績も、再びの箱根駅伝は2区を走り区間14位と結果を残せませんでした。

鈴木健吾選手は大学3回生で才能が開花します。

3回生(2016年度)の時にチームの「駅伝主将」に任命されると、
5月の関東インカレ10000mを3位で、7月のホクレン10000mでは28分30秒16の好記録と立て続けて活躍をしました。

全日本大学駅伝予選会と箱根駅伝予選会では、共に日本人トップでゴールし、箱根駅伝予選会では、58分台をマークしました。

箱根駅伝は2年連続2区を任されました、そして見事に期待に応え、1時間07分17秒と当時歴代8位の好記録、ご自身初の区間賞を獲得しました。

翌2017年3月の日本学生ハーフマラソンでは、力強い走りで2位に30秒差をつけ優勝!記録も1時間01分36秒と日本人学生歴代8位という好タイムでした。

4回生(2017年度)の時は全日本大学駅伝で8区アンカーを走り区間2位の57分24秒でゴールし、見事に神奈川大学陸上競技部駅伝チームの20年ぶりの優勝に貢献しました。

そして、箱根駅伝は2区を走り区間4位の1時間07分26秒でした。

2018年、大学卒業後も競技は継続し富士通に入社、陸上競技部に入部しました。

鈴木健吾選手の自己ベスト
5000m – 13分57秒88(2016年4月2日、世田谷記録会)
10000m – 27分49秒16(2020年9月19日、全日本実業団対抗陸上競技選手権大会)
ハーフマラソン – 1時間01分36秒(2017年3月5日、日本学生ハーフマラソン選手権)
マラソン – 2時間10分21秒(2018年2月25日、東京マラソン2018)

2018年度4月より富士通陸上競技部に所属になりました

2018東日本実業団駅伝で富士通は優勝!まだ鈴木健吾選手の出番はありませんでした。

2019ニューイヤー駅伝で富士通は4位でした。

2019東日本実業団駅伝で富士通は17位。鈴木健吾選手は控えでした。

2020東日本実業団駅伝で富士通は優勝!鈴木健吾選手は控えでした。

2021ニューイヤー駅伝で、鈴木健吾選手の実業団駅伝デビューかもしれませんね。

実業団での鈴木健吾選手の駅伝成績はまだありませんでした。これからですね!

まとめ

今回は「鈴木健吾10000m東京オリンピック候補!現在までのマラソンや駅伝の成績は?」と題しまして富士通陸上競技部の鈴木健吾選手が東京オリンピック10000m候補であること、現在までのマラソンや駅伝の成績について調べてみましたが、いかがだったでしょうか?

現在の鈴木健吾選手はご存知の通り12月4日に開催される日本陸上選手権10000mに向けて調整中です。

先日の全日本実業団陸上では、東京オリンピックマラソン代表の服部勇馬選手には敗れましたが日本人選手のうち2位でゴールしました!

「ラストスパートでいけると思ったんですけど、服部さんが凄かったです。」

ツイッターからも分かるようにレース後のこの笑顔、人柄最高です。

本当に頑張ってほしいですね、応援します!!

これからも名門富士通陸上競技部のエースとして、東京オリンピックや世界選手権・世界陸上などでもっと活躍する姿を見たいですね!

間違いなく、鈴木健吾選手は今後も目が離せないアスリートです!

鈴木健吾選手について何か新しい情報があればこちらで追記していきたいと思います!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

▼こちらも合わせてどうぞ!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です