スポンサーリンク

須藤直輝の小学校や中学校・出身は?プレースタイルはドリブル!年俸や背番号も

こんにちは、舜です。

2021年高校サッカー選手権で活躍した、埼玉県代表・昌平高校のエース。

須藤直輝(すとう なおき)選手がJリーグ鹿島アントラーズに入団しました。

即戦力として期待されています。

もしかする開幕戦でデビューするかもしれません。

鹿島アントラーズの2021年Jリーグ開幕戦は2月27日の清水エスパルス戦です。

とても楽しみです。

そこで今回は『須藤直輝の小学校や中学校・出身は?プレースタイルはドリブル!年俸や背番号も』と題しまして、Jリーグ鹿島アントラーズ須藤直輝選手の出身地、小学校、中学校そしてプレースタイルのドリブルと年俸や背番号について調べてみました。

それでは早速本題にいってみましょう。

須藤直輝選手の小学校や中学校・出身は?

須藤直輝選手の出身は埼玉県。

小学校は、埼玉県熊谷市立江南南小学校、

中学校は、同じく埼玉県熊谷市立江南中学校。

そして、高校は昌平高等学校です。
 
昌平高校は埼玉県北葛飾郡杉戸町下野にある私立の高等学校です。

プレースタイルのドリブルは果たしてどこで磨かれたのでしょうか。

プレースタイルはドリブル!

高校1年で昌平の10番!

須藤直輝選手、本人も自分自身のプレーについて、
『自分の特徴はドリブルで相手を翻弄することやドリブルからのチャンスメイクです』とドリブルへの意識の高さが窺えます。

『左サイドハーフの、ワイドの位置でボールをもらってから切れ込むのが自分の得意パターン。そこからのシュートやパスが得意』

プレイスタイルについても具体的にもコメントしています!

そんな須藤直輝選手は中学時代、Jリーグ大宮アルディージャのジュニアユースチームでドリブラーとして才能を伸ばしてきました。

そして高校はあの有名な昌平高等学校へ進学!

須藤選手はそんなサッカー強豪校で1年生の頃からレギュラーだったんです!

すごいですよねー!

サッカーで有名な昌平高校ですから、サッカー部員数は180人です!

その代表として高校2年生ではゲームキャプテンとしてチームを率いて2020年高校サッカー選手権では初のベスト8に進出しました。

高校1年生から10番を背負い、高校2年生からはキャプテンとして大活躍って、どこまですごいんでしょうか!!!

埼玉№1ドリブラーから世界へ

須藤直輝選手のプレースタイルは、何と言ってもドリブルです。

卓越した足元の技術を兼ね備えています。

緩急をつけたキレのあるドリブルが最大の持ち味です!!

 2021年選手権でのプレーも安定していました、2回戦では自ら得点をとり相手チームを突き放しました、アシストも素晴らしかったです!

須藤直輝選手のポジションはサイドでもトップ下でもこなせるとのこと!

そんな須藤直輝選手ですから、Jリーグ鹿島以外の進路先からもオファーがあったようですよ!

超越したボールさばきと俊敏な動きが武器!!

相手に囲まれてスペースがない場面でもボールを失わず、相手に仕掛けてドリブル突破を図ったり、味方にパスを出して状況を打開できます。

さらに相手選手との1対1の場面では卓越した足技で相手選手を抜き去り、そのまま勢いに乗ってシュートまで持ち込むシーンが見られます。

サイドを素早いドリブルで駆け上がり、そこからの切り返しで相手選手をはがしたりもできます。

相手選手も対応に苦しむ、緩急のあるドリブルは必見です。

このクラスの選手になると、ドリブル中はもちろん、切り返しの時もボールは自分の真下に置きながらプレーしています。

ドリブル中も上体が真っ直ぐで、肩から上、頭部がぶれてないことが分かります。

頭をぶらさずプレーが出来るので、常に相手に向けて視野を確保することが可能です。

これにより、相手は次に何をしてくるのか全く予想することができません。

    • ドリブルで抜きに来るのか
    • パスを出すのか
    • シュートを打つのか

そして選択肢から最適なプレーを一瞬で選ぶ判断力も兼ね備えています。

須藤直輝選手は18歳!これは、いまのプレースタイルですから、今後どのように進化していくのか非常に楽しみですよね?

須藤直輝選手の年俸や背番号

高校二年生にして、この落ち着きは一体?!

そんな須藤直輝選手の年俸についても調査してみました!

須藤直輝選手はまだ18歳という若さですが、これだけの実力が認められていても現在の推定年俸は約460万円です。

高校卒業でルーキー1年目の染野唯月選手や荒木遼太郎選手が460万円なので恐らく須藤直輝選手も同額でしょうか。

鹿島での1年目の出場次第で年棒もアップすること間違いなしですね!

背番号は10番が似合いすぎですが、鹿島での背番号は2020年に荒木遼太郎選手がつけていた26番です。

荒木選手は、26から13番にステップアップしています。

まとめ

代表での経験も全てチームのために!

今回は『須藤直輝の小学校や中学・出身は?プレースタイルはドリブル!年俸や背番号も』と題しまして、Jリーグ鹿島アントラーズ須藤直輝選手の出身地、小学校、中学校そしてプレースタイルのドリブルと年俸や背番号について調べてみましたが、如何だったでしょうか。

須藤直輝選手は鹿島や世代別日本代表での活躍、そして欧州移籍⁉︎など輝かしい未来が待っています。

須藤選手のチームが代表経験者、さらにワールドクラスの指導者がいる鹿島であった幸運を活かして、今後に繋げて欲しいですね。

日本でも世界でも得点力のあるドリブラーは、貴重な存在です。

須藤直輝選手のこれからがサッカーファンにとっては楽しみです!

須藤直輝選手の詳しい事が分かり次第、こちらで追記していきますね。

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

▼こちらも合わせてどうぞ!

Jリーグベストイレブン三笘薫選手の記事

ブンデスリーガ移籍!奥川雅也選手の記事

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です