スポンサーリンク

森下暢仁の弟・家族や彼女は?身長体重と経歴やイケメン画像も!

こんにちは、舜です!

2019年10月17日(木) 17:00(開始予定)から、いよいよドラフト会議2019が行われます!

待ちに待ったドラフトでワクワクしているプロ野球ファンの方も多いのではないでしょうか?

2019年夏の甲子園では優勝した大阪の履正社高校にやはり注目が集まりましたよね!

他には岩手の大船渡高校の佐々木郎希投手と準優勝校の石川星稜高校の奥川恭伸投手が超話題(今でも話題!)になっていました。

優勝したのが履正社高校であったことを忘れてしまいそうなくらいでしたよね。

ですがドラフト会議2019で注目されている選手は高校生だけではありません。

ぜひ大学生の即戦力の選手にも注目して頂きたいです♪

その中でもドラフト指名予想でダントツの上位候補に上がっているのが、明治大学の森下暢仁(まさと)選手です!

森下暢仁選手は投手です。

森下暢仁選手の強みは、球種と球速と言われています。

森下暢仁選手には最速154キロのストレートと緩急のある大きなカーブに定評があり、プロ野球でも十分に通用するとの評価になっています!!

森下暢仁選手の最大の武器はカーブです!

カーブ以外にも、スライダー、カットボール、フォークと球種も豊富です。

そんな森下暢仁選手について、「森下暢仁の弟・家族や彼女は?身長体重と経歴やイケメン画像も!」と題しまして、早速調査してみました。

明治大学の森下暢仁選手の弟さん、ご家族や彼女のこと、そして身長体重と経歴やイケメン画像も調査!という事でまとめてみましたので、みなさんのご参考になればと思います!それではさっそく、本題へ入っていきましょう!

※2019年10月6日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な情報などを追記、その他の部分も修正して2019年10月20日に再度公開しました!

スポンサーリンク

森下暢仁選手の弟・家族や彼女は?身長体重は!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ysk.kさん(@835men_baseball)がシェアした投稿


すごくきれいなフォームですね!!森下暢仁選手は注目の投手です(明治大学4年生)

まずは、森下暢仁選手のプロフィールになります。

森下暢仁選手のプロフィール
名前:森下暢仁(もりしたまさと)
出身地:大分県大分市
生年月日:1997年8月25日
血液型・星座:O型/おとめ座
身長:180cm
体重:74kg
投打:右投右打
ポジション:投手
経歴:明治少年野球クラブ(大分県大分市明治北小)→大分県大分市大東中→大分商業→明治大学
愛称:まさ兄
野球を始めたきっかけ:いつから始めたのか分からない
好きな食べ物:ドーナツ、バームクーヘン
座右の銘:未来は可能性
趣味:ドラマ鑑賞
特技:サッカー

森下暢仁選手には、ご家族に弟さんが1人いらっしゃいます。

弟さんも野球をされていることが分かりました。

森下颯太(そうた)選手で現在は国学院大学の野球部所属です。

生年月日は2000年8月29日の19歳!(2019年10月現在)高校まではお兄さんの森下暢仁選手と同じく、大分市立大東中学から大分商業高校へと進み現在は国学院大学野球部に所属する1年生です。

大分商業高校では遊撃手として活躍をしていました。

森下颯太選手は身長182㎝、体重70㎏と恵まれた体格をしていて、高校時代からも注目の的でした。

現在は、国学院大学野球部でレギュラー目指して頑張っています。

森下颯太選手は現在は国学院大学に在籍していますが、兄である森下暢仁選手が明治大学にいることもあり、「兄の球を打てるようにしたい」と東都リーグで優勝し、明治神宮大会で兄と対戦することを目標に掲げているそうです。

森下暢仁選手が卒業する前に叶うといいですね!

 

森下暢仁選手は今回のドラフト会議2019で間違いなくどこかの球団へ指名される事と思います!

そうなると森下暢仁選手に注目が集まり、もしかして弟さん以外のご家族についても情報が入ってくるかもしれません。

あとは、ご家族がテレビのインタビューに答えるなんて事もあるかもしれませんね!

イケメンで、野球の実力がすごくて、将来も有望で、となったら絶対にモテますよね!?

そうなると気になってくるのが森下暢仁選手の彼女の存在ですよね!

そこで森下暢仁選手に彼女がいるのか、調べてみましたが、そういった情報はありませんでした。

今は野球に専念しているのでしょうか。

ただ、モテることは間違いないので、これからは彼女の情報なども出てきそうですよね。

現在はキャプテンという立場でもあるので、こうした噂が出てこないのは責任感のある、森下暢仁選手の人となりが分かりますね。

 森下暢仁選手の経歴は?

森下暢仁選手の高校時代やこれまでの経歴をみてみましょう。

森下暢仁選手は大分県出身で野球を始めたのは明治北小の3年生の頃でした。

明治少年野球クラブで野球を始めました。

中学校は地元大分の大分市立大東中学校へ進学し、中学では県大会と九州大会を制して、全国大会への出場を果たしています。

大東中では投手を務めていましたが、肘を故障して野手に転向しています。

その後、大分商業へと進学した森下暢仁選手は1年生の頃からベンチ入りを果たして甲子園にも出場しています。

進学を期に監督のすすめもあり再び投手に挑戦しますが、2年生時には野手へと転向しています。

しかし、2年生の秋からはまた再び投手に挑戦するという大変珍しい経歴をもっています。

高校1年生時に登板機会はありませんでしたが、2年生の夏までは三塁手として活躍をします。

そして2年生の秋からは、チームのエースへとして成長していますが、また怪我により2か月ほど離脱を余儀なくされています。

その後はリハビリと治療を続け、3年の夏の大分県大会では決勝まで進んでいます。

この大会では、投手で出場5試合を投げ甲子園の出場こそは逃しましたがU-18世界大会の日本代表に選ばれるほどで当時からスカウトからの評価は高く、ドラフト指名確実と言われていました。

しかし、プロ志望届は提出せず明治大学へ進学しています。

U-18日本代表としては、この大会で準優勝に貢献する活躍をしています。

この大会の対チェコ戦では、7回12奪三振を奪い完封勝利!

森下暢仁選手がもしも甲子園に出場できていたとしたら、明治大学には進まずにそのままプロ野球選手になっていたかもしれませんね。

ちなみにこの当時の森下暢仁選手の球速は148キロでした。

大学では、1年生時の右肘の骨折もあり出遅れましたが、2年生春からリーグ戦に出場し、防御率ランキング2位になりました。

国際大会も2年生から全ての大会で選出されており、大学生トップレベルの実力の持ち主であることがわかります。

3年生春にはエースとして、自身最速となる154キロを記録して、話題となっています。

そして、4年生の現在チームのキャプテンとしてチームをけん引しています。

2019年春季リーグ戦では8試合に登板し、4勝1敗、63奪三振、防御率2.03という安定感で、チームを優勝に導きました。

個人タイトルでは、最優秀防御率をドラフト2019の候補である田中誠也選手(立教大学)に阻まれましたが、ベストナインとMVPを獲得しました。

自分がキャプテンとして出場した2019年全日本選手権では38年ぶりに明治大学を優勝へと導く大活躍をしています。

2試合に先発し、2勝0敗、14奪三振、防御率0.50、18イニングで失点はわずか1のみ、完璧なピッチングですね。

最優秀投手賞も獲得し、まさに森下の為の大会と言っていい、圧巻の内容でした。

さらに、大学侍ジャパンに選ばれ、3試合2勝1敗、15回を投げてわずか1失点でMVPを受賞し、日米大学野球3大会ぶり19回目の優勝へ貢献しました。

森下暢仁選手は、現在の大学野球界でナンバーワンの逸材!と言われています。

森下暢仁選手のイケメン画像も!

森下暢仁選手は、イケメンで話題になっています。それがこの画像です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomoさん(@n.tomo108)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

hikaさん(@gnpn_baseball)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

☆アスカ☆さん(@ask._.aaa)がシェアした投稿

このようにツイッターやネット上でも森下暢仁選手のイケメンぶりが話題になっています!

ドラフト会議2019

森下暢仁選手が、大方の予想通り、ドラフト会議2019で1位指名されました!

森下暢仁選手おめでとうございます!!

広島東洋カープの佐々岡真司監督が自ら背負った背番号「18」を託す意向を伝えられたとの事。

来シーズン広島東洋カープは、Bクラスからの巻き返しをはかります。

森下暢仁選手には1年目からローテーションに入り、エースを目指し勝ち星を重ねてほしいと期待がかかっています。

森下暢仁選手は、大学ナンバーワン投手の呼び声も高く実績も申し分ありません。

重複しますが、明治大学のキャプテンとして伝統ある背番号「10」をつけて、今春には38年ぶりに日本一に導きました。

プロ野球ドラフト会議において、明治大学は2010年から10年連続の指名を受けています。

森下暢仁選手の最速155キロのストレートはプロでもトップクラス!

緩急をつけたカーブ、チェンジアップなど変化球の制球も抜群です。

1年目からの森下暢仁選手の活躍が観れることに期待しましょう!!

まとめ

今回は「森下暢仁の弟・家族や彼女は?身長体重と経歴やイケメン画像も!」と題しまして、明治大学の森下暢仁選手の弟さん、ご家族や彼女のこと、そして身長体重と経歴やイケメン画像も調査!という事についてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

いよいよ、2019年10月17日(木)17:00から(開始予定)ドラフト会議2019が行われます!

もうワクワクしているプロ野球ファンの方も多いのではないでしょうか?

森下暢仁選手は今年のドラフトでも大注目の選手ですので、いったいどの球団に進むのか、すごく気になりますね!

今年のドラフトは森下暢仁選手以外にも佐々木朗希選手や奥川恭伸選手いて、投手陣がすごく充実していますよね!

ほとんどの球団が森下暢仁選手、岩手大船渡高校の佐々木朗希選手、石川星稜高校の奥川恭伸選手の3人から1位指名をしていますので、だれがどの球団にいくのが、ドラフトの結果から目が離せませんね!

森下暢仁選手は、将来の夢は地元に帰ることと語っているので、本人は九州のチームを望んでいるのかもしれません。

これからも引き続き、森下暢仁選手に注目していきたいと思います。

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です