スポンサーリンク

魚がし日本一グランフロントのメニューおすすめと混雑は?口コミも

こんにちは! 舜です。

今回は、立ち食い寿司で大人気のお店で、大阪ではすでに、梅田阪神百貨店や中之島フェスティバルプラザ、近鉄難波駅構内にもお店のある、魚がし日本一グランフロントをご紹介いたします。

すでにオープンしている他のお店とは違う、魚がし日本一では初のコンセプトショップで、とってもオシャレなお店です。

リニューアルしたグランフロント大阪南館の大人気エリア「うめきたセラー」でも目立っています。

コンセプトが「寿司 魚がし日本一 BLACK LABEL」で黒色に主軸を置くカッコイイ落ち着いた雰囲気になってます。

入ってすぐがカウンター席になっていて、このカウンターの一段高くなった寿司を直接置く台が日本初のブラウン管モニター再生ガラスで作られているそうです。

店内の黒を基調とした内装や器は高級感を漂わせ、カウンター廻りをほぼ黒に統一し強調することで、主役である寿司にじっくりとフォーカスできる環境を作り出しています。

平日のランチタイムは立ち喰いになり、それ以外はカウンターでもテーブル席でも着席してお寿司をいただけます。

場所がグランフロントという事で、やっぱり気になるのは混雑状況ですね!!

今回はお昼のランチや夜のディナーで大人気の「魚がし日本一グランフロント」のメニュー、おすすめと混雑状況そして口コミについてもチェックしていきたいと思います!

スポンサーリンク

メニュー、おすすめ

魚がし日本一グランフロントのメニュー

立ち喰い寿司魚がし日本一は、200年前の「寿司屋台」がコンセプトで、良いネタでリーズナブルな立ち喰い寿司で人気のお店で東京には24店舗、大阪にはここを合わせて4店舗あります。

では、早速気になるメニューについて見ていきましょう!!

なんと、780円からのランチがあります!「葵にぎり…780円(税込)」

他にランチは、特上にぎり…1,680円(税込)、魚がしにぎり… 980円(税込)などがあります。

季節メニューは、

あおりいか、いわし、かつおの「初夏の三貫王」が、450円(税別)

梅肉、おろしポン酢で食べる、炙りはもが、400円(税別)

比叡ゆばが、250円(税別)

ディナーセットは、

梅田御膳  … 1,280円(税抜)
(6貫+天ぷら5種)

江戸前御膳  … 2,500円(税抜)
(7貫+天ぷら5種)

ディナータイムは着席型でゆったりとしたお食事が楽しめます。

お寿司以外にも揚げたての天ぷらや自家製の茶わん蒸しなどを美味しい日本酒で楽しめますよ!

 

魚がし日本一グランフロントの混雑と空いてい時間は?

営業時間は、10:00~22:00で、もちろん日曜日も営業です。

ロケーションはグランフロントでもターミナルの入り口に直結の『うめきたセラー』です。ここは、非常に分かりやすいですね。

まず、最も混雑が予想されるのは、やはり土・日・祝です!

グランフロントや梅田の百貨店に買い物に来られるお客さんも加わるので、覚悟して並ぶのか、ゆったりと楽しむのであれば、これらの日は避けた方が無難ですね。

普通に考えると空いていそうな時間帯は平日の午前中(ランチまで)が考えられます。

お昼休み時間(12時~13時)オフィスの休憩時でランチを食べに来る人が増えそうなのでNGです。
そして、夜のピークは18時~20時位が混みそうです。

14時以降もおすすめの時間です。ランチメニューは17時まで頂けるそうです。(7/7現在)

ただ、夕方になってくると仕事帰りのサラリーマンも加わりますのでまたもや混雑が予想されます。

そして、あまり遅い時間帯に行くとネタの種類が少なくなっている!という状況も考えられます。

結論としては、平日の午前中を狙っていくのがいいかもしれません!

魚がし日本一グランフロントの口コミは?

実際に食べた方はどんな感想だったのかも気になりますよね!


みなさまの口コミからも、この場所でこの価格は、かなりお得!である事がうかがえますね。

この店がこの場所で美味しいお寿司を、長く提供して頂けるように、わたしも定期的に食べに行こうと思います。

まとめ

今回は立ち食い寿司で大人気のお店、魚がし日本一グランフロントのメニューや混雑状況・空いている時間などを調査してみました。

お昼のランチは混雑が予想されますが、曜日や時間帯を狙っていけばスムーズに食べられそうですよね。

確かに、メニューが多くて、いろいろなお寿司屋さんで見かけるネタもありますが、

ここでしか食べられないネタもあり、その割に値段が安いのが魅力です。

コハダやハマグリなんて、あんまり食べてなかったネタも食べてみると美味しかったりしますからね。

また、食べに行くのが楽しみです。

今回も、最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です