スポンサーリンク

オリオン座流星群2019大阪(関西)から見える方角ピーク時間は?穴場も

こんにちは、舜です!

大人になるまでは、流れ星がこんなに度々年間を通して見れるものだとは、思いもしませんでした。

オリオン座流星群は、毎年注目を集める流星群の1つです。

オリオン座流星群は、オリオン座の方向から流星が飛び出してくるように見えることから、このような名前で呼ばれています。

流星群の中では速度が速いほうの流星群で、明るい流星が多くて、とても観測しやすい流星群です。

流れ星はなかなか見られるものではないですが、空気が澄んでいるときなどは夜空にものすごくたくさんの星が見えて、思わず時を忘れ見入ってしまう事もありますよね。

満天の星空は言葉にできないくらい本当に美しいです。

その天体観測と言えば流星群ですよね!

そして2019年10月22日(月)になんとオリオン座流星群2019が極大を迎えるってご存知でしたか?

オリオン座流星群2019は肉眼でも見やすい流れ星との事でよく知られています。

そこで今回「オリオン座流星群2019大阪(関西)から見える方角ピーク時間は?穴場も」と題しまして、オリオン座流星群2019の大阪(関西)から見える方角、ピーク時間、関西の穴場観測スポットについてまとめてみましたので、あなたの参考にして頂ければと思います。

それではさっそく、本題へ入っていきましょう!

スポンサーリンク

※2019年9月20日に公開した記事ですが、リライト記事に必要な情報などを追記、その他の部分も修正して2019年10月20日に再度公開しました!

オリオン座流星群2019見える方角・ピーク時間は?

オリオン座流星群2019

 オリオン座流星群は、「オリオン座」という星座がたいへん有名なこともあって、注目されることの多い流星群です。
また、普段の年は1時間あたりの流星数が5個程度ですが、2006年には突然1時間あたり60個以上の流星が観測されたことでも知られています。
極大は10月22日頃と予想されています。オリオン座流星群の流星を見るには、この日を中心にした4~5日間程度の未明に観察をするのがよいでしょう。
いずれも「流星が見られたら運がいい」くらいの気持ちで夜空を見上げるとよいかもしれません。
この時期に見た流星が、必ずしもすべて、10月りゅう座流星群やおうし座南流星群、オリオン座流星群の流星というわけではありません。
他の流星群の流星や、どの流星群にも属さない流星の可能性もあります。

引用元:国立天文台 ほしぞら情報(2019年10月)より

オリオン座流星群は、明るい流星や痕を残す流星が多いことが特徴みたいです。

そもそもオリオン座流星群とは母体があの有名なハレー彗星なんだそうです!

そして毎年この10月くらいの時期に活動する流星群です。

2017年ころからはオリオン座流星群が再び活発になり、2019年の今年も期待できるみたいですよ!

運がよければ1時間に5個くらいは流れ星が見られるとの事♪

それではオリオン座流星群2019の見える方角とピーク時間についてです。

①オリオン座流星群2019の見える方角は?

なんと!どの方角でも広範囲によく見えるとの事です。

流星群は四方八方に散らばるように空を駆け抜けていくので方角を気にすることはないんですね。

②オリオン座流星群2019のピーク時間は?

今年は10月22日(月)朝の8時頃がオリオン座流星群のピーク時間です。

ただし夜明け後になってしまうので当然この時間の観測は難しいです。

なので今年は10月21日(日)の深夜から10月22日(月)朝方までがピーク時間になります。

③月明かりに注意

流星群を見る時に月明かりは邪魔になります、流星群が見えづらくなります。

この日は、夜半過ぎに下弦の月(半月)が昇るので夜半までは好条件です。

また、夜半以降も月を背に向けて反対側の方角を観察すると流星群を綺麗に見る事が出来ますよ。

この3点をぜひ頭に入れておいてください。

ですが、もしも10月22日に見られないかも~というあなたでも大丈夫!!

オリオン座流星群は、ピーク期間が4~5日間続く性質があります。

なので10月22日の前後2日間くらいはオリオン座流星群2019がよく見られるそうです。

実際に昨年は極大日前日の20日でも多くの方がオリオン座流星群2018を観測されていました。

最もベストな日は10月22日の未明ですが、それ以降もステキな流れ星が見られるかもしれないのでぜひ夜空を見上げてみて下さいね。もちろん前日でもOKですよ♪

「オリオン座流星群」の母天体は、あの有名なハレー彗星です
ハレー彗星は大体76年の周期で地球に接近するのですが、たくさんの粒状の塵を放出しながら楕円形の軌道を描いています。
そのハレー彗星の通り道を毎年この時期に地球が通過することで、そこに残されていた塵が地球の大気に飛び込み、上空100km前後で発光して見えるのが流星群の流れ星です。
地球がハレー彗星の軌道を通る日はほぼ決まっているので毎年同じ時期に流星群が見られるんですね。

オリオン座流星群2019関西(大阪)の穴場観測スポットは?

せっかくのオリオン座流星群2019ですから、ぜひとも穴場の観測スポットで観たい!というあなたに、関西の天体観測おすすめスポットをお伝えしたいと思います!

特に、今回は大阪市内からもサッと行けるところを中心にご案内致します。

大野アルプスランド(兵庫県猪名川町)

大野アルプスランドは阪神地域最高峰である大野山の山頂付近にあり、夜には満天の星を楽しむことができます。

大阪市内から、クルマで約1時間15分ぐらいの距離で天の川が見れます。

なので、オリオン座流星群2019も大阪市内からこれぐらい走ると観測しやすいのです。

池田の五月山(大阪府池田市)

五月山からの夜景が実はかなり綺麗で素晴らしい事を知らない方が意外と多いんです。 特に冬場の夜景の美しさは感動モノです。

ただ、夜景の美しさに比例して街の光量も上がっております。

なので、オリオン座流星群2019を観測する際は、この美しい夜景に背を向けるようにしましょう。

こちらも大阪市内から、クルマで約40分になります。

箕面公園(大阪府箕面市)

箕面公園は滝と紅葉で知られています。

そして、星を中心とした天体観測においても、有名になってきています。

大阪市内からも短時間で訪れることが出来る箕面公園で、オリオン座流星群2019を楽しみましょう。


能勢妙見山(大阪府能勢町)

以下のスポットは別格です。

パッと赴くのではなく大阪市内からは距離もありますので計画的に訪れたい場所です。

街の明かりの届かない、希少な流星群もばっちり捉えることが出来るでしょう

西はりま天文台【兵庫県佐用郡佐用町】
大台ケ原  【奈良県吉野郡上北山村】
星のくに【奈良県五條市】
鶴姫【奈良県吉野郡野迫川村
みさと天文台【和歌山県海草郡紀美野町】
天橋立【京都府宮津市】
蔵王ダム【滋賀県蒲生郡蔵王町】

この7カ所は星がきれいに見えるスポットとして超有名な場所ですよ!


参考までにどうぞ!

(追加) おすすめ観測スポット

丹波少年自然の家(兵庫県丹波市)

 

この投稿をInstagramで見る

 

こーのさん(@konogen1)がシェアした投稿

春は桜の名所として知られ、紅葉も美しい、丹波少年自然の家がおすすめです。

テントサイトで10月まではキャンプが可能なので、天体観測にはもってこいですよ!

まとめ

今回は「オリオン座流星群2019大阪(関西)から見える方角ピーク時間は?穴場も」と題しまして、オリオン座流星群2019の見える方角、ピーク時間、大阪(関西)の穴場観測スポットについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

2019年10月22日(月)未明になんとオリオン座流星群2019が極大を迎えます。

天体好きな方も、普段星空を見上げることがない方も10月21日(日)から22日(月)にかけて空を見上げてみて下さい!

見える時間は21日深夜から22日朝方頃が一番おすすめで、見える方角は特に気にする事はありません。

街頭などのない場所で広く空を見渡してみて下さい♪

ただし、10月も夜になると結構冷え込みます。

なので観測の際には、レジャーシートの下にに断熱マットを引いたり毛布やダウンコート、手袋などの準備を忘れずに防寒対策をしっかりやりましょう。

21日から22日の天気についてはまだ分かりませんがお天気がよければ、たくさんの流れ星を見る事ができるかもしれません、期待しましょう。

それでは、今回はここまでにさせて頂きます。

最後までご覧いただきまして、ありがとうございました!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です